COLUMN

北新地に店舗を構える昼キャバ「Air」。
「Air」では、女の子の働きやすさを重視した店舗が作られています。
北新地ならではの客層の良さ、お客様の確保のしやすさと共に、昼キャバという店舗形態そのものの働きやすさもあります。

まず昼キャバは営業時間が昼間ですから、生活リズムを崩す心配がありません。 夜のお仕事というのは高収入なものですが、
いくら高収入でも体を壊してしまっては意味がありません。
ですが、営業時間が昼間だと昼に働いて夜は休む。といった、ごく自然なリズムの中で働くことができるので
いつでも健康に働くことができます。 それに、昼に働くことができるため、キャバクラで働いていることを知られたくないという人でも働きやすいというメリットがあります。
キャバクラというお仕事はあくまでも健全な飲食店なのですが、世間のイメージはそうではない…というのが現実。
正しい情報を知った上でキャバクラという選択肢を選ぶにしても、周りからはよく思われないということも少なくありません。
そこで、昼に営業を行う昼キャバを選ぶことで誰にも知られることなく高収入を得ることができるのです。

女の子にとって昼キャバは、比較的手軽かつ安全に高収入を得るための方法の1つと言えるでしょう。

NEW CAST

COLUMN

昼キャバが女の子の強い味方となる理由はこれだけではありません。
営業時間が昼間ということは、一般的なOLなどと生活リズムが変わらないということ。
他の仕事をしている友達がいても、仕事終わりにご飯を食べたり、遊びに行ったりすることができるのです。
しっかり働いて高収入を目指しながら、プライベートも楽しめる。
仕事も遊びも充実させたい女の子にとって、これは大きなメリットとなることでしょう。
昼キャバで得られる収入は、もちろん普通のお仕事よりもはるかに高いものですから、お給料の面でも申し分ありません。

そして、夜間のキャバクラに比べるとアルコールの量が少ない、つまり体に負担がかかりにくいということも見逃せないところです。
アルコールが苦手だと、どうしてもアルコールが出る席では上手に稼ぐことができなくなってしまいます。
ところが、昼キャバなら昼間の営業ということもあってアルコールよりソフトドリンクが多く、
アルコールが出ても量は控えめです。お酒に強い女の子でも毎日たくさん飲んでいては体を壊してしまいますから、
ソフトドリンク中心の昼キャバは女の子の体調面でも強い味方となるのです。